労働基準監督署の調査  対策対応

実際に調査に入られてしまうと、何らかの行政指導を受ける事が多いです。調査に来ていない今!事前に対策を立てておきましょう。 もし労基法違反の疑いがあった場合、状況的に会社は不利になります。経営者は法令を熟知し予め法令を守る(コンプライアンス)ことが必要です。
近年特に労使トラブルが多くあります。経営者は法律を知らなかったというだけでは済みません。万が一のために早めのご対応、対策が必要です。
労働基準監督署の調査が不安な方は、お気軽にご相談ください。

労働基準監督署の調査とは

労働基準監督署が行なう調査を臨検監督と言います。
その調査の目的は、労働基準法をはじめとする様々な労働関連諸法令に違反していないかを調査することです。
労働基準監督署の監督官には、法律により事業所への立ち入り検査や、労基法違反があった場合の司法警察官としての逮捕・送検の権限が付与されています。この調査を拒否することは原則として出来ないことになります。
監督官が定期的に事業所を無作為に調査するもの、労働者の申告によるもの、司法手続きとしての告訴、告発によるものなど、いつあなたの会社が対象になるかはわかりません。
また労働基準監督署の臨検の方法としては、事前に調査を行う旨の通知がある場合や全く抜き打ちで行う場合、監督署に呼び出される場合などいろいろな形で行われます。
労働基準監督署の調査とは

労働基準監督署の調査の種類

定期監督 労働基準監督署が任意に事業所を選び、事前に調査の日程を連絡し行います。最も一般的な調査になります。
申告監督 定期監督かどうかは、判断できません。しかし未払い賃金や不当解雇について思いあたる節があるならこの申告監督と思った方がいいです。申告者の名前は保護するために明かしませんので、誰が通報したかはわかりません。
従業員もしくは退職者から、残業代の未払いや、不当解雇等について労働基準監督署に通報があったので、内容を確認するために行う調査になります。
災害時監督 労働災害が発生した場合、その災害の実態を確認するために行う調査です。災害原因の究明や再発防止の指導が行われます。
再監督 過去に是正勧告を受け、指定期日までに「是正報告書」が提出されない場合や、事業所の対応が悪質な際に再度行われる調査です。
行政指導に従わないので再監督となります、したがって厳しい調査になります。

違反として多く指摘される主な項目

違反として多く指摘される主な項目

 ● 労働時間
 ● 残業代の不払い(サービス残業)
 ● 安全管理体制

あなたの会社は、調査に来ても大丈夫ですか? 法定労働時間、変形労働時間・就業規則の未作成 残業代の不払い(サービス残業)・賃金台帳への労働時間の未記入など

対策をしっかりして、いつ来てもいいように万全の体制であなたの会社を守りましょう。
神薗社会保険労務士事務所では、労働基準監督署の調査の対策・対応の実績多数ございます。お気軽にご相談ください。

神薗社会保険労務士事務所 顧問契約のメリット

1.コストの削減

1.コストの削減 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、経費や人件費を削減できます。特に人件費の削減には効果があります。
一度お見積りを取って頂ければ分かりますが、正社員や人材派遣会社からの社員を雇うよりは格段に料金が安いです!

2.業務の質の向上

2.業務の質の向上 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、人事・総務業務から開放されて、日々の業務に専念できます。そして質の高い仕事を行うことができます。つまり、自ずから企業業績はUPすることになります!
また人事・総務業務は、社会保険労務士が行なう為、安心して仕事に専念出来ます!

3.情報漏洩対策

3.情報漏洩対策 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、社内や社外に情報が漏洩することを防げます。
社会保険労務士は、社会保険労務士法第21条の守秘義務により業務を行なっております。
知り得た情報は他に漏らすことは絶対にありません!

4.様々な情報収集

4.様々な情報収集 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、法令改正情報、助成金情報等をタイムリーに手に入れることが出来ます。
神薗社会保険労務士事務所は、常に最新の情報をあなたに提供致します!

5.適切なアドバイス

5.適切なアドバイス 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、貴社に適した労務管理等の助言、指導を受けることが出来ます。
その他、賃金、退職金体系の見直し、安全衛生対策、社内トラブル防止策など、神薗社会保険労務士事務所を活用して会社を発展させて下さい!
  • よくある質問
  • テンプレート・雛形

メールでのお問い合わせはこちら