ホーム > 助成金 > 助成金(新規創業など)

助成金 新規創業

新規創業は返済不要の助成金を受け取るチャンスです。 登記をする前に、必ずご相談ください!

主な助成金の対象になるもの

 ● パソコン           ● デスク            ● 人材採用           ● 事務所礼金
 ● コピーFAX機         イス              事務所家賃          人材
 ● 電話一式

新規創業時の助成金の種類

  中小企業基盤人材確保助成金 厳しい雇用環境の中、今後、人材需要が見込まれる健康・環境分野および関連するものづくり分野に新分野進出等(創業や異業種進出)を行い、新たに経営基盤を強化するための人材(基盤人材)を雇い入れた場合、その基盤人材の賃金の一部に相当する額として、一定額を支給します。
助成金を受給するには、改善計画(※)を作成し、都道府県知事の認定を受けることが必要です。

※改善計画とは、中小企業労働力確保法に基づき、中小企業者が雇用管理の改善について取り組むこととした計画です。
受給資格者創業支援助成金 雇用保険の受給資格者((安定所において受給資格の決定を受けた者に限る))自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について支給されます。 高年齢者等共同就業機会創出助成金 45歳以上の高年齢者等3人以上が、自らの職業経験等を活用すること等により、共同して事業を開始し、高年齢者等(45歳以上65歳未満)の労働者を1名以上雇い入れて継続的な雇用した場合に、当該事業の開始に要した費用の一部について支給されます。
助成金額 基盤人材の雇入れ
・・・140万円/人

※基盤人材については、新分野進出等に係る者、生産性向上に係る者を併せて1企業あたり5人までを 限度となります。
事業開始に要した費用と、事業開始後3ヶ月間に事業運営に要した費用の3分の1が支給されます。

(助成額の上限200万円)
法人の設立登記の日から起算して6か月以内に支払った支給対象経費(人件費は除く。)の合計額の1/2

(有効求人倍率が全国平均
以下の地域は2/3)
(500万円限度)
受給対象となる経費 1) 事務的・技術的な業務の企画・
  立案、指導を行うことができる
  専門的な知識や技術を有する者
2) 部下を指揮・監督する業務に
  従事する係長相当職以上の者

上記1)または2)に該当し、かつ年収350万円以上の賃金(臨時給与、特別給与など臨時に支払われた賃金および3カ月を超える期間ごとに支払われる賃金を除きます)で雇い入れられる者

※第1期の支給申請において175万円以上、第2期の支給申請において年間で350万円以上、かつ、第2期で70万円以上支払われていることが必要です
1) 設立・運営経費
2) 職業能力開発費
3) 雇用管理の改善に要した費用
1) 設立・運営経費
2) 職業能力開発費
3) 雇用管理の改善に要した費用
支給要件 1) 創業や異業種進出の開始日
  から6ヶ月以内に都道府県
  知事に改善計画を提出して、
  認定を受ける 事業主で
  あること。

2) 雇用保険の適用事業主で
  あること。(ただし、実施計画
  申請書の提出時にまだ労働
  者を雇入れていない 場合は、
  支給申請書の提出日までに
  雇用保険の適用事業の事業
  主となること。)

3) 実施計画期間内に労働者を
  雇入れる事業主であること。

4) 風営法に規程する性風俗関連
  特殊営業等を行う事業主でない
  こと。

5) 創業や異業種進出等に伴う事業
  に関する施設又は設備等の設置
  ・整備に要する費用を250万円
  以上負担する事業主であること。

6) 新分野進出等に伴う新たな
  雇入れが適正に行われたことに
  ついて、労働者の過半数を代表
  する者が確認している事業主で
  あること。

7) 賃金台帳、労働者名簿、出勤
  簿、現金出納帳、総勘定元帳等
  の法定帳簿類を備え付け、雇用
  ・能力開発機構の要請により
  提出する事業主であること。

8) 雇用・能力開発機構の実施計画
  及び支給申請における審査の
  ほかに公共職業安定機関による
  審査等に協力できる事業主で
  あること。
1) 受給資格者であって、その受給
  資格に係る被保険者期間が5年
  以上あること。

2) 失業給付の支給残日数が1日
  以上残っていること。

3) 法人設立または個人事業の開始
  日の前日までに「法人等設立
  事前届」を管轄のハローワーク
  に提出していること。

4) 創業受給資格者がもっぱら当該
  法人の事業に従事し、創業受給
  者自らが代表であること。

5) 法人設立または個人事業の開始
  日以降3ヶ月以上事業を行って
  いること。

6) 法人設立または個人事業の開始
  日から1年を経過する日までの間
  に、雇用保険の一般被保険者 と
  なる従業員を雇入れ、雇用保険
  の適用事業主になること。
1) 3人以上の高齢創業者により新た
  に設立された法人の事業主で
  あり、いずれかのものが法人の
  代表者であること。

2) 法人の設立登記の日から高年齢
  者等共同就業機会創出事業計画
  書を提出する日において、 高齢
  創業者の議決権(委任によるもの
  を除く)の合計が総社員又は総株
  主の議決権等の過半数 を占めて
  いること。

3) 法人の設立登記の日以降当該
  法人の最初の事業年度末に
  おける自己資本比率(自己資本
  を総資本で割り、100を乗じた
  比率)が、50%未満である事業
  主であること。

4)  高年齢者等共同就業機会創出
  事業計画書を申請期間内に提出
  し、認定を受けること。

5) 支給申請日までに高年齢者等の
  労働者を1人以上雇入れ、且つ、
  その後も継続して雇入れること。

6) 法人設立登記日から6ヶ月以上
  事業を営んでいること

神薗社会保険労務士事務所 顧問契約のメリット

1.コストの削減

1.コストの削減 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、経費や人件費を削減できます。特に人件費の削減には効果があります。
一度お見積りを取って頂ければ分かりますが、正社員や人材派遣会社からの社員を雇うよりは格段に料金が安いです!

2.業務の質の向上

2.業務の質の向上 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、人事・総務業務から開放されて、日々の業務に専念できます。そして質の高い仕事を行うことができます。つまり、自ずから企業業績はUPすることになります!
また人事・総務業務は、社会保険労務士が行なう為、安心して仕事に専念出来ます!

3.情報漏洩対策

3.情報漏洩対策 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、社内や社外に情報が漏洩することを防げます。
社会保険労務士は、社会保険労務士法第21条の守秘義務により業務を行なっております。
知り得た情報は他に漏らすことは絶対にありません!

4.様々な情報収集

4.様々な情報収集 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、法令改正情報、助成金情報等をタイムリーに手に入れることが出来ます。
神薗社会保険労務士事務所は、常に最新の情報をあなたに提供致します!

5.適切なアドバイス

5.適切なアドバイス 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、貴社に適した労務管理等の助言、指導を受けることが出来ます。
その他、賃金、退職金体系の見直し、安全衛生対策、社内トラブル防止策など、神薗社会保険労務士事務所を活用して会社を発展させて下さい!
  • よくある質問
  • テンプレート・雛形

メールでのお問い合わせはこちら