年金手続き

難しい年金を、分かりやすくお伝えいたします。  •面倒な書類を書かなくていい! •無駄な時間と手間を省くことができる! 手続きに先立って、年金額がいくらになるかの試算もさせていただきます。わずらわしい年金の手続きをスムーズにするためにも、是非、神薗社会保険労務士事務所にご相談ください。

障害年金

障害年金は、ケガや病気が原因で精神や身体に一定の障害状態にある方が,仕事や普段の生活で支障のある方に対して支給される年金です。
条件さえ満たしていれば支給してもらえますので、もらえる障害、症状があるときは、必ず申請しましょう。
障害年金は、高齢者が受給する老齢年金とは異なり、若い人でも受給できる制度です。しかし障害年金は、ご自身で手続きをされる場合、申請書の書き方で受給できなくなったりします。
一度申請し、決まった等級や不受給が変更することは難しいです。
なので申請前に低い等級や不受給の判断がされないように傷害年金申請を代行して行います。障害年金のもらいそこねがないように、役所への提出書類の相談から作成・提出代行まで、ご要望に応じて幅広く対応させていただきます。
障害年金
国民年金だけに加入していた方
(第1号被保険者・第3号被保険者)
障害基礎年金だけが支払われます。
厚生年金、共済組合に加入していた方
(第2号被保険者)
障害の程度が高い場合は障害基礎年金と障害厚生年金(障害共済年金)、障害の程度が1,2級ほどは高くない場合は障害厚生年金のみが支払われます。

老齢年金

老齢年金は、年金制度のどれかに加入していて保険料をお支払いただいていた方が、ご高齢となられ仕事ができなくなり、御自身で収入を得ることができなくなった場合に支払われる年金です。
現役世代(被保険者)の頃に、どの制度に加入していたかによって支払われる年金の内容が変わります。
老齢年金
国民年金だけに加入していた方
(第1号被保険者・第3号被保険者)
老齢基礎年金だけが支払われます。
厚生年金、共済組合に加入していた方
(第2号被保険者)
老齢基礎年金と老齢厚生年金(老齢共済年金)が支払われます。
  • よくある質問
  • テンプレート・雛形

メールでのお問い合わせはこちら