ホーム > 労災保険の特別加入

事業主様の労災

社長・役員、一人親方のための労災保険~労災保険特別加入制度 中小事業主、一人親方等、海外派遣者などは、その業務の実態や災害発生状況からみて、労働者に準じて保護する人に相応しい人達であるため、特別に任意加入を認める労災保険の特別加入が認められています。
労災保険特別加入制度についてお気軽にご質問、ご相談ください。

労災保険特別加入制度とは

労災保険は、「労働者」の業務上及び通勤途上の災害について補償する保険です。
社長や役員等は一般的には労働者にあたらないため、労災保険を利用することができません。
しかし、労働者でない人でも労災保険に特別に加入することによって、労災保険の適用を受けることができます。これが、労災保険の特別加入制度です。
労災保険特別加入制度とは

国の保険だから安心。ケガの際も治療費は全額補償

特別加入できる者の範囲
1、中小事業主とその事業に従事する人(「第1種特別加入者」といいます)
常時300人(卸売業又はサービス業は100人、金融業・保険業・不動産業・小売業は50人)以下の労働者を使用する事業主であって、労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託している者をいいます。
労働者は当然入りますが、それ以外の人を指します。たとえば、家族労働者や代表者以外の役員がそれにあたります。
これらの人は、包括適用され、中小事業主が特別加入した場合には、一緒に加入をすることになります。
2、 一人親方その他自営業者とその事業に従事する人(「第2種特別加入者」といいます)
基本的に労働者を使用しないで事業を行う人をいいます。たとえば、個人タクシー業者や大工などの方々です。
その事業に従事する人とは一人親方その他の自営業者の事業に従事する家族従事者をいいます。
この場合の家族従事者は、その一人親方や自営業者が特別加入したからといって、必ず特別加入しなければならないということはありません。
3、特定作業従事者(「第2種特別加入者」といいます)
特定農作業従事者、指定農業機械作業従事者、職場適応訓練従事者等、家内労働者とその補助者、労働組合等の常勤役員をいいます。
4、海外派遣者(「第3種特別加入者」といいます。)
a) 日本国内で事業を行っている事業主から、国外の一定地域で行われる事業(海外支店、現 地法人など)に
  派遣される労働者

b) 海外の開発途上地域に対する技術協力の実施の事業を行う団体から、一定の開発途上地域に対して
  行われる事業に派遣される労働者

c )海外の中小企業の代表者として派遣される者

ただし、海外派遣労働者は派遣元の事業又は団体が、上記の要件に該当する人だけを一括して加入申請をすることになっています。

神薗社会保険労務士事務所 顧問契約のメリット

1.コストの削減

1.コストの削減 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、経費や人件費を削減できます。特に人件費の削減には効果があります。
一度お見積りを取って頂ければ分かりますが、正社員や人材派遣会社からの社員を雇うよりは格段に料金が安いです!

2.業務の質の向上

2.業務の質の向上 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、人事・総務業務から開放されて、日々の業務に専念できます。そして質の高い仕事を行うことができます。つまり、自ずから企業業績はUPすることになります!
また人事・総務業務は、社会保険労務士が行なう為、安心して仕事に専念出来ます!

3.情報漏洩対策

3.情報漏洩対策 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、社内や社外に情報が漏洩することを防げます。
社会保険労務士は、社会保険労務士法第21条の守秘義務により業務を行なっております。
知り得た情報は他に漏らすことは絶対にありません!

4.様々な情報収集

4.様々な情報収集 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、法令改正情報、助成金情報等をタイムリーに手に入れることが出来ます。
神薗社会保険労務士事務所は、常に最新の情報をあなたに提供致します!

5.適切なアドバイス

5.適切なアドバイス 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、貴社に適した労務管理等の助言、指導を受けることが出来ます。
その他、賃金、退職金体系の見直し、安全衛生対策、社内トラブル防止策など、神薗社会保険労務士事務所を活用して会社を発展させて下さい!
  • よくある質問
  • テンプレート・雛形

メールでのお問い合わせはこちら