ホーム > 労務事務 > 労働保険、社会保険手続き

労働保険、社会保険手続き

労働保険・社会保険の手続きは、労務のプロにおまかせください。 事務管理で時間をとられてしまっていませんか?  正しい知識で間違いのない手続をお手伝いいたします。 労働保険・社会保険の手続きは、今非常に相談依頼が多くなりました。
それも、提出書類には複雑なものもあり、専門的な知識がないと必要な手続をし忘れ、後々になって手間や時間がかかり、役所に何度も足を運ぶ破目になったりと大変な思いをしている方が多くいます。
ご本人、従業員のかかる時間を削り、本来の業務に専念できる環境をと考えてる方が多く、手続きの難しさから依頼が多くなっています。
会社を設立したときの社会保険手続き    ●社会保険、雇用保険の通年の手続き
社員を採用したときの社会保険手続き    ●社員が出産した時の社会保険手続き
育児休業の社会保険手続き          ●社員が病気やケガをしたときの社会保険手続き
介護休業の社会保険手続き          ●会社が引っ越ししたときなどの社会保険手続き

社会保険とは?

社会保険とは、健康保険、国民健康保険、介護保険、厚生年金保険、国民年金などの総称です。
労働保険(労災保険・雇用保険)を含めて社会保険ということもありますが、狭義では上記のように医療保険、年金保険のことを指します。
社会保険労務士などが社会保険というときは、通常狭義の社会保険のことです。
法人の事業所であれば全て、個人の事業所であれば、特定業種を除いて、常時5人以上の従業員を使用する事業所は強制適用事業所となりますので、社会保険に加入する必要があります。

社会保険事務管理とは、従業員様の入社、退社にともなう各種手続や、給付手続、保険料の算定、納付等の手続を毎月定期的または随時行っていく管理業務のことです。

定期的又は随時発生する事務手続・届出業務

  • 年一回行われる算定基礎届と随時発生する月額変更届
  • 年数回の賞与支払い報告書・届出
  • 随時発生する健康保険給付申請・届出
  • 定期的又は随時派生する従業員の入社及び退職に伴う諸手続・届出

労働保険とは?

労働保険は、労災保険と雇用保険の総称です。
労働保険は政府が管理・運営する強制的な保険であり、原則として、労働者を1人でも雇った場合には加入手続きを行い、労働保険料を納付する必要があります。
なお、労働災害が発生した場合、健康保険は使えません。

雇用保険の保険料は従業員負担分と会社負担分がありますが、労災保険は全額会社の負担となります。

なお、労災保険は、原則として労働者に該当する方が加入対象となりますので、事業主の方、一人親方の方は、加入対象とはならないので、特別加入という方式で加入いたします。
労働保険事務管理とは、従業員様の入社、退社にともなう各種手続や、給付手続、保険料の算定、納付等の手続を毎月定期的または随時行っていく管理業務のことです。

事務手続・届出業務

  • 年一回行われる年度更新による保険料精算
  • 労災補償の給付申請
  • 定期的又は随時派生する従業員の入退社に伴う諸手続・届出

労働者災害補償保険とは?

労働者が仕事中(または仕事が原因で)や通勤途上でケガや病気になった場合に必要な給付を行う制度です。

主な給付には、病院での治療、休業した場合の給与の補償、障害(一時金・年金)、遺族(一時金・年金)、葬祭費用、介護費用の支給があります。
また、社長も労災保険に加入する(特別加入)ことができ、特別加入の場合は自分で保険料を決定することができます。

建設業や製造業の社長の多くが特別加入しています。
事業主の補償義務が立法化されて出来上がった災害補償制度であり、事業主のための補償でもあります。
そのため、保険料は全額が事業主の負担となり、アルバイトも含めた全従業員の賃金が対象となります。

雇用保険とは?

労働者が退職したときの失業給付が主な給付となります。

現在では原則週20時間以上の労働者が対象となり、失業給付を受給するための算定期間は、原則退職日以前12ヶ月間の被保険者期間が必要とされます。

保険料は、事業主負担分と労働者負担分の料率が年度により決められており、毎月労働者負担分は給与から控除して預かり、毎年年度更新の時に精算いたします。

神薗社会保険労務士事務所 顧問契約のメリット

1.コストの削減

1.コストの削減 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、経費や人件費を削減できます。特に人件費の削減には効果があります。
一度お見積りを取って頂ければ分かりますが、正社員や人材派遣会社からの社員を雇うよりは格段に料金が安いです!

2.業務の質の向上

2.業務の質の向上 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、人事・総務業務から開放されて、日々の業務に専念できます。そして質の高い仕事を行うことができます。つまり、自ずから企業業績はUPすることになります!
また人事・総務業務は、社会保険労務士が行なう為、安心して仕事に専念出来ます!

3.情報漏洩対策

3.情報漏洩対策 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、社内や社外に情報が漏洩することを防げます。
社会保険労務士は、社会保険労務士法第21条の守秘義務により業務を行なっております。
知り得た情報は他に漏らすことは絶対にありません!

4.様々な情報収集

4.様々な情報収集 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、法令改正情報、助成金情報等をタイムリーに手に入れることが出来ます。
神薗社会保険労務士事務所は、常に最新の情報をあなたに提供致します!

5.適切なアドバイス

5.適切なアドバイス 神薗社会保険労務士事務所に業務を委託すると、貴社に適した労務管理等の助言、指導を受けることが出来ます。
その他、賃金、退職金体系の見直し、安全衛生対策、社内トラブル防止策など、神薗社会保険労務士事務所を活用して会社を発展させて下さい!
  • よくある質問
  • テンプレート・雛形

メールでのお問い合わせはこちら